潤いは足りていると思っても不足しているもの

肌の潤いって、足りているか不足しているかを自分で見極めるのは結構難しかったりするんです。

自分の肌質を判断するのだって難しい。
オイリー肌と乾燥肌の中間に混合肌なんていうのもあるから余計に分からなくなっちゃう。

混合肌っていうと、オイリーでもあるんだけど、乾燥しやすい箇所もあったりとかっていうことだと思うんだけど、多くの人は曖昧に自分を混合肌だなんて解釈したりしている人も多いのかもしれないななんて思います。

とにかく自分の肌質をまずは掴むこと。
これから始まると思います。
自分の肌質を知れば、ちゃんとどんなケアで潤いを与えれば良いか、どの程度が潤いのある肌と言えるレベルになるのかどうかっていうのを理解することができると思うんです。

潤いが足りていると思っても、ニキビができたりとか、それからどうも化粧ノリが悪いと感じたら、実は潤いが足りていないってことになるかもしれない。

オイリー・混合・乾燥。
3種類しかないけど、結構この違いって僅差だったりするわけだから、間違えないようにしたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です